2009年03月07日

コーディネイトはこーでねーとA

 


 私事過ぎて申し訳ないんですが、ブログの記事ってボクは大体
 一週間くらい掛けて書いてるんですよ。月曜にちょっと書いては
 ああ疲れた。終わり。水曜くらいにちょっと続きを書いてはああ
 疲れた。終わり。木金とちょっと書いては、ああ疲れた。終わり。
 土日くらいでおし、完成させっかと一気に書いてできれば公開
 するし、できなければ次に気が向いたときまで放置。この体たら
 く。哀しいことだけど、ボクの忍耐力は人並みはずれて控えめだ
 からね。
 
 
 今日もおし、完成させっかと、こーでねーとAの書きかけの探した
 らないんですよね。どこにも。1週間こつこつと積上げてきたものが
 ・・・!無くなったからもうこーでねーとの記事はもういっか。
 でも2回も連続でふざけるのはどうかと思ったので書きます。
 
 こんばんは、紳士たれの時間です。

 -------------------------------------------------------------

 コーディネート。服装・インテリアなどで、色柄・素材・形などが
 調和するように組み合わせること。

 
 ゼーンには数多くの種類の服、帽子、装飾品、そして染料があって
 様々なコーディネートを楽しめるようになっていて、道を行きかう
 人々を見てみても、皆が皆、各々異なる思い思いの個性溢れるコー
 ディネートにその身を包んでいますよね。

 
 家族のコーディネートを見てみると、嫁は全身鮮やかな萌葱色で
 上着は天真館の鎧。でもなぜだろう・・・鎧なのにおしゃれなんて
 ・・・!これが一段上の大人の女の力かしら・・・時々ファリッドさんの
 返り血であれらしいけど。
 
 一人息子のポムはボクによるコーディネートで、ランの学校の帽
 子に上着、インナーは無し。この腹筋がどんな上質のデザインの
 服よりもおしゃれなのさ!というコーディネートは、頼もしさと共
 に将来への憂いを感じさせてくれます。
 
 
 かくいうボクもコーディネートにはちょっとうるさいし騒々しくて
 ですね。バスの商店にいい色の服があると聞けばすぐさま駆けつけ
 お金が無くてショーウィンドウに張り付く。トランペットを眺める
 子供のように。
 
 
 ジラの露店にいいのがあるよ!と聞けばすぐさま駆けつけ、お金が
 なくて草葉の陰からその露店を眺める。そしたらこの前着ぐるみを
 買って貰えたんですよ・・・!ありがとうアルさん!
 

 今ではもうボクも壮年。ややよぼよぼでコーディネートも落ち着い
 たもんだけど、若い自分はやっぱりオシャレに拘りたくて、コロコ
 ロ服を変えてたものです。

 
 そしてそれが、せっかく日記に絵をかいてくれようとしてたセトン
 さんの苦悩に繋がる。


 成人になった頃、よし!これだ!というコーディネートを見つけて
 ビシっと決めてたけど、被ってた茸帽子がせっかく気を取り直し
 て日記に絵をかいてくれようとしてたセトンさんの苦悩に繋がる。


 そんなゼーンコーディネート界における一大イベント、『コーディ
 ネイトはこーでねーと』。ある日ちーさまとジラの砂場の外れで
 僕らがお天道様の下を歩くなんておこがましいよな。だよね。
 もやし、いや、カイワレだよほんと。などと知性のかけらも感じ
 させない会話に華を枯らせていると、『コーディネイトはこーで
 ねーと』のアナウンスが!これはいい機会なので、草葉の陰から
 イベントを見学させていただくことにしました。


 ◆概要◆  
  お題が出題されるので、それに沿ったコーディネートを沢山
  用意されている服やら帽子やら染料の中から選び身につけ、
  観客に披露する。4人で勝負し、一番観客の票を集めた人が
  優勝!全3回戦!


  主催者『2回戦開始します。参加したい人はどうぞ!』

  [ちはや アラモード] いくかぁ

  け、見学するだけっつってたのにこの子・・・
  
  テーマは社交界。テーマともっとも対極の世界に存在
  している彼女には少し厳しすぎたのか、徹子黒柳ルックに
  その身を包んでしまったちーさまは散ってしまいました。
  優勝はプルコさん。さすが伯爵家の方は、社交界でパーリナイト
  なんていつもの事なんですね・・・!羨ましい・・・!
  

  主催者『3回戦開始します。参加したい人はどうぞ!』
  
 
  やだやだなどと言いながらもステージへ足を進めるボク。

  け、見学するだけっつってたのにこの坊主は・・・


  テーマは全大陸5周年。
  このテーマを聞いたとき、もろたな(優勝は頂きましたね)。
  と思いました。なぜならボクのこの時の性格は世渡り上手。
  お上には常に媚び諂い崇め称えれば全てが丸くおさまり将来
  が安泰なことをボクはしっている。

  そう。これは世渡り上手の基本。まぁただの世渡り上手なら他
  の参加者の中にもいるかもしれませんがね、ボクはプロフィール
  に社長!ナイスショットと記し、日頃からこの下衆な処世術という
  牙を磨きつづけている真性。そんなボクにゼーンというお上の5
  周年をお祝いしろなんて、あはははははは!


  数分後、ついつい心奪われて金色のものばっか拾い、仕度部屋
  の中でやっちまったなぁと呟くボクの姿がそこにはありました。


  いやいや、金につられたとかそういう下賤なのじゃない。

  『5周年おめでとう!これからも輝き続けてください!』

  そういう思いを込めたゴールド一色のコーディネート。

    
こーでねーと.jpeg

  
  [セトン ロボット] 仕方ない、ゴールデン旦那に・・・

  ・・・う、うん。5周年を祝う真摯な祝詞はみんなの心に伝わった
    のか、思いのほか票が入って優勝しました!

  優勝商品は、花束5個と焼蟹5個とチョコ5個!
  ついうっかりしまわずに落ちたので、次の日にはチョコも花束
  もすべて無くなってました。もし見知らぬ方に渡ってたらごめ
  なさい・・・供養でもしてください・・・。
   
 
  とても楽しいイベントだったし定期的?に開催されてるイベント
  なので、まだ参加したこと無い人ははやくバス東の庭園に行った
  方がいいよ!
 
posted by aki at 03:25| Comment(17) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

コーディネイトはこーでねーと@

 

 
 〜前回のあらすじ〜

 突如ゼーン大陸全土を強襲したリーベロという名の悪魔。
 
 
 この悪魔の放つ血夜虚(チョコ)の前に、一人、また一人と穢土
 から姿を消していく非モテ男たち。

 
 最後に残った友、ムゲン君が血夜虚にやられたあの日、男はサン
 スフィールドの崖からその身を投げた。


 だが哀しいかな。ロボ化したそのボディはちょっと凹んだ+カーン
 と音が響いたくらいでほとんど無傷であった。
 
 
 初めはただ様々な失意を抱えて崖の下でウジウジしているだけの
 日々であったが、過ぎ去る時間が少しづつ、男の心を変えていっ
 た。

 
 こうして無事だったのも何かの思し召しであろうか・・・。どうせ
 一度は捨てたこの命。生まれ変わった気持ちでまた頑張ってみる
 か・・・
 

 崖の下、ここには悪魔呉(アマーゴ)は流れ着かない。ここにリーベ
 ロの無い・・・平和な世界を作ろう・・・!


 幸いにもそこは崖の下とはいえ開拓地。資材も食料も、溢れんば
 かりにあったので、日々の生活に困る事は無かったし、広がる広大
 な大地は、開拓し新たな国を作るに十分足るものであった。


 リーベロという悪夢から立ち直った男は強かった。
 
 
 崖の上での堕落しきった日々はウソでした。えへへってくらい必死
 で働いた。雨の日も風の日もやすまず。でも週休は4日制。

 
 徐々に開拓されていった崖の下には、少しづつではあるけど移住
 してくる人が現れ始め、数年後には小さな集落が形成されていた。



 

 後のオルルド王国である

-------------------------------------------------------------

 
 あんな日記書いたけど、ほ、ほんとは何個かチョコ貰ってたんだ
 からね!

 
 挨拶はこれぐらいにして、紳士たれの時間です。

 ・・・
 ・・・
 ・・・
 
 ほんとはコーディネートイベントに参加したこと書こうとしたけ
 ど、挨拶文で疲れてしまったのでそれはまた次回・・・!
 
posted by aki at 05:52| Comment(10) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

哀切



R11


R1


R2


R3


R4


R5


R6.jpeg


R7


R8
posted by aki at 02:14| Comment(20) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

an announcement of a marriage





 この度ある転機を向かえましてね、思い出多きこの家を去る
 こととなりました。


 聞けば彼の有名な松尾芭蕉は晩年、奥の細道への旅に出る時その
 胸に去来する万感の思いを、幾瀬の思い出を一つの歌にしたため
 たとのこと。


 ボクはまだ成人になったばかりだけど、築いてきた思い出の数、気
 ちの深さでは松尾君には負けない。どうしても残しておきたいこの
 思いを、彼に習い一つの歌にしたためました。

 
     旅立ちの 門出祝い舞う 紙吹雪
       積年築いた この督促状


 自分が長年かけて築いて来た、ドアに積もった数々の督促状。
 云わばボクの思い出達。それがこの旅立ちの門出を祝うかの様に
 紙吹雪さながら宙を舞い踊る様は・・・すばらしい。
 
 季語は吹雪です。


 侘びとさび、思いの数々を詰めたこの歌を糧として、辛いかこも
 苦い思いでも全てを大切にして、これからの日々を少しでもまば
 ゆい感じでいければと思います。


 最後に自宅の掲示板に思い出のたけを書きなぐり、ボクはロンダを
 後にしました。もちろん夜に。逃げるようにひっそりと。

 
 掲示板 



 ああ、家を出た理由は夜逃げではないです。結婚したからです。  誤解無きようにね。夜逃げとかないわ。紳士たれ紳士たれ。
 

 すれちがい 

 
 こんな感じで始まったお付き合いですが。

 うんうん。思えば恋人になったあの頃、セトンさんは鎖はもたない
 という話を聞いてボクは将来をヒドく憂いだもんだけど、よくよく
 ポケットを見たら自分ももってなかった。
 う、うん。息があうってのは幸せ家族の基本だし恋は盲目だし。


 子供にたかったり根気とかはかなり控えめですと言ったりとか、ダ
 メなとこばかりを見せ付ける日々を送ってしまった僕。成人にな
 った頃には破談の様しか見えなくなってしまった僕は、貧乏なり
 に精一杯飾りつけた情緒溢れる場所を用意することで、これまで
 の減点を全てチャラにする事にしました。

 冷静に考えれば到底チャラにならないんだけどね。
 気づかなかった。恋は盲目だし。
 

質素

 この貧乏だけど精一杯に気づき上げた場所。セトンさんが座ってる
 ござは高級染料でそめたござなのさ。へへ。この辺りが貧乏だけど
 精一杯の詰った部分。うん・・・これは・・・この飾りつけは怒られるか
 も!
 
 心はもうガクガクだったんですが、気に入ってもらえたみたいでよか
 った。精一杯やれば伝わるもんだ!恋は盲目だし。


 う、うん。何とか結婚もしてもらえたことだし、YesYesで頑張りま
 す。よろしく!
posted by aki at 18:00| Comment(9) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

幼き日の約束


維持

どうせ維持できないしな。作っただけで満足だし。
一部だけ残して撤去しちゃおう。これだけの維持なら赤子でも
できるわあはははは。と、一部だけを残して撤去した内装。

後日、壁に掛けてあったレリーフが壊れたあの日。世界の
赤ん坊で達に贈るごめんなさい。紳士たれの時間です。

※追伸、このあと一番奥の机も壊れました。


-------------------------------------------------------------

幼い頃っていうのはどうしようもない程無邪気なもの。
何の根拠もないのに、叶うって信じきった目をして

『俺は王様になるんだ』

とか、途方もない夢をぶっこいたり、失礼。途方も無い夢
を描いたりするし、2人いれば、大きくなったら結婚するんだー
なんて淡い思いを抱いたりするんもんだ。
ほんと淡いまま消えちまえいいんだそんな思いは!失礼。
抱いたりするもんです。

ボクも例に漏れず、おおきくなったらヘリコプターになるんだ
とか無邪気なもんだったみたいです。

でも大きくなるにつれて、王様なんかなれないと気付くし
ボクも頭の上にプロペラはつけられないと気付く。
あれ。でもランの仕事長かなんかは国王になるんだっけ。

まぁ気付くんです。そして大人になった頃には、そんな夢は
口にするどころか頭からもすっかり消えて、斧仕事に精を出す
毎日をSpendするんだ。

小さい頃の約束もそう。大抵はそれを果たすこともなく、すっ
かり頭からも忘れちゃって各々が思うがままの日々をSpend
していくもんなんです。


幼い頃の約束やら夢ってのはそんなもの。自信満々で描いて
叶えることなく、果たす事無く忘れていってしまうものなんです。
ほとんどは。




実はボクも幼いころある女の子と将来(の財布)を賭けた約束
をしてましてね。引継ぎまでにより多くマスターした方が勝ち。
負けたほうの財布を頂くという夢一杯の約束をね。
ある女の子=マリンさん


より多くマスターっていっても、一世代平均したら10いくか
どうかのボクと14は余裕ーっていうマリンさんだと勝負は見えてる。
そんな勝負に財布をかけろだなんて・・・出来レースでガッポリじゃな
いか・・・!賭けるものは財布だって言ったのは自分からだけど・・・
しかも自分の才能11個までしか把握できてない・・・ゴクリ。
何とか勝利の為に策を弄さねば。


[アキ シラン・ガナ] ハンデを設けないか。
[アキ シラン・ガナ] ボクはマス数+5とかで・・・
[マリン ヴィンセント] それでも勝てそう
[アキ シラン・ガナ] 何もいえねぇ
[マリン ヴィンセント] いいかえせよー


万策も尽き果てて、今までの稼ぎは全て持ってかれるんだなって。
目に映る景色全てが灰色に見える、そんな幼少期を送っていました。


でも哀しいかな。そんな約束も青年になったころにはすっかり
なかったことにして忘れてしまっていたボク。
上に書いてあるような理由で。仕方ないよね。無邪気だったんだから。

毎世のようにだらだらと過ごしていたら、あるお言葉を頂きました。


マリン『私が勝ったら、君の家は差し押さえるよ。』
アキ 『目、覚めたわ。』


その日からというもの、ラン国ラスゴウでは人が変わったかの様
に努力する青年の姿がありました。景品として出しても申し訳の
たつ中身を持った財布にする為に、金策に走る青年の姿が。



-------------------------------------------------------------

追伸、この後シル坊も参戦してきました。飛んで火に入る夏の虫
とはこのこと。1位のマリンさんに3位のシル坊が財布を差し出す
ことになるかなと思います。



◆おまけ

龍神祭

3人で、龍神祭やってるし鴇羽様いくかーと意気込んでいったもの
の誰一人としてAランクになってなかった僕達。大人にもなってん
のに何やってんのかしら!


posted by aki at 18:43| Comment(8) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

汝害獣なりや

 

 
 父が家を飾る為だけにその財の殆どを投げ打って得た2個の壷。
 ああ、この壷には父の汗と努力が詰まってるんだなぁと思うと
 なんだかボクも頑張ろう!あと汗臭い。という気持ちになります。
 うんうん。お守りみたいなもんだね。

 先日、プロフィールに載せる写真を撮ろうとその壷を持ち出した
 ら思い切りNさんに拾われました。汗の塊を。2回程な。 

 128%自分が悪いんだけどくやしかったボクは、せめてもの逆切れ
 に、カレーと紙をその人に渡す位しかできなかった・・・。
 ああ、なんという弱さ品のなさこんにちは、紳士たれです。

 
 ------------------------------------------------------------

 ●汝害獣なりや
 
 それはZehn1ひりつく一大スペク〜〜推理ゲーム。


 先日のM婚面接の時、流れで今度汝害獣なりやというイベントに
 今度みんなで参加しましょう!という事になりました。

 ついでにその数日後、セトンさんに明日の22時30からあるよーと
 聞いたボクは、完璧・・・もうオメカシもバッチリだしお菓子もバッチリだ
 しあとは明日を待つだけ。待つだけとか猿でもできるわーははは!
 

 〜翌日22:30分


 多くのNさんの影にまぎれて、木々の間で一人立ち尽くすMの姿が
 そこにはありました。


 24時頃、自らはなった一本の誤爆から全てを思いだしたボク。
 22:30て教えてもらったのに平気で1:30過ぎてるわ、誤爆で思い出す
 わもう散々。目もあてられないというのは今更だけど・・・

 
 もう終っちゃったよねと思ったらこれから第2回が始まるとの事で
 したので、クロさんとシル坊と共にバスハルへ!



開始


 与えられた役目は害獣。くってくってくいまくればいいとの事。
 えええ何か特別そうな役割!不安が凄いわ・・・我が人生への不安
 も凄いけどこの不安も凄いわ!私、上手に食べる事ができるかし
 ら。心配!人一倍資材を取った事がないボクが害獣とか。心配!
 血沸き肉踊る宴をのりきる事ができるかしら。心配! 

 と思ったんだけど害獣チームはチームでチャットができるし、お
 まけに害獣のサポートでセトンさんがついてたのでよかった。つ
 いでに人生のサポートもお願いすることとなってます。

 
 何も要領を得てないボクは全て先輩の作戦にYesYesだったんだけ
 ど・・・

勝利


 無事害獣の勝利!チャットでは、ははーそういう考えもあるのか
 ー!とか色々とルール以外の事も学べたし、初めての汝害が害獣と
 いうのはとてもよかったのかも!しかし話聞けば聞くほど深い
 ゲームやで・・・よくこんなん思いついたな・・・。
 

 終.JPG


 終幕。

 ゲーム後は皆で反省会。ボクは『全然害獣ってわからなかった!』
 って褒められて密かにいい気になってたんだけど、何て事はない。
 ゲーム中はよくわからなくて何も言葉を発してなかっただけなん
 だ・・・。
 
 うんでもゲームも楽しかったし、コソもメッセもスゴイ増えたし
 とても参加してよかったです!突然の参加申し込みでも快く受付
 けてくれた主催者の皆様、ありがとうございました。

 まだ参加したことない人は早くバス南にいくといい。
posted by aki at 11:17| Comment(6) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

賽は投げられた

 

 今世は久しぶりに(初代以来ぶりに)目がパッチリとしましてね。
 何だか嬉しくなったボクはジラにお披露目にいきました。

 さぁ、カッコよくなったボクを見て見てよく見るんだ!とても気
 持ち悪い発言だけど見るんだ!

 『すこしふっくらしたね』
 
 ああだめだこの子は。減点方式とはね。子供の時期は褒めて伸ばす
 教育が大事だと思うんだ。素直で繊細だからね。次いってみよう。

 『まんまるww』
 『顔がまんまるーw』
 『ほんと、丸だ』

 あ、あははは。ダロダロ。よく転がりそうだよね!うんうん。
 人生という坂道を人類のレコード記録で下っていってるからねー。
 最近なんて坂道が消えちゃって平らになっちゃってさ。あれ多分
 底辺だよ底辺!あとは登るだけだけど、丸いから登れないんだあ
 はははちょっとまてや。それはオヤジのことだろ。オヤジの事を
 悪く言うのはいい。ガマンするさ。けどなぁ・・・俺のことを悪く
 言うのはガマンならんぞー!


 生粋です。生粋。このような生粋さを持って、今世の自己紹介
 とさせていただきます。


 ------------------------------------------------------------

仕事人.JPG

 
 何か自分の行動や判断に迷ったとき。どうすればいいのか
 分からなくなった時、不安になった時。たまには天にその決断
 を託してみるのもいいのではないでしょうか。天はいつも貴方
 を見ているのですから。

 
 ある日ボクが、ああ、大人になったら働かないとな。食ってけ
 ないもんな。あーやだやだ。なんでだろうな。太陽はいつもそこ
 で居るだけなのに、ずーっとあんなに燃え盛ってていいなぁ。
 
 とピュアに思いなやんでると目つきの悪い少女に突然鉄串をなげ
 つけられました。

 『ちょっと面接に行こうか。あ、いい写真が取れなかったからもう
  一回鉄串ね』

 『どつあ、いて。面接ってなんですか?』

 『イコイバでYesマン募集してる人がいてね。とても面白くてステ
  キな人だから1回行ったらいいよ。あ、ここじゃ場所が悪いから港
  でもっかい鉄串ね』

 『まじで1回どつあ、いて。イコイバみてくる。』

 セトン・ロボットさん:M婚相手募集。面接有。イエスマン優遇


 ロボットさんか・・・あ!ロボットになって太陽電池がつけば、ボク
 はほんとにゴロゴロしてるだけで生きていけるんじゃ!!
  

 『行こうか、クロさん。』

 たまたま近くを通りかかったクロさんを巻き込んで、M婚面接に向か
 うボク達。。ボクはその人を、昔フリマで似顔絵を書いてくれた
 人!多分!位しか存じないし、クロさんもどうやらそんなには知
 らない見たいだし、これはもう、あちらから見れば明らかに迷惑な
 話!!とも思ったんですけど、楽しそうだからお邪魔する事にし
 ました。
 
 面接

 
 詳しい事はあるブログに書かれてるのでそちらを参照してください
 ね! 

 
 要約すると、セトンさんはサイコロでどちらと結婚するか決めたん
 だ。天に託すってやつだね!

 それを受けた天も、どっちもやめた方がいいよ。 
 という意味を込めてクロさんとボクのサイコロを4回くらい引き分け
 にしたんだけど、最後は空気を読まない我がサイコロが5を出して
 結婚することと相成りました。

 Yesマン優遇か・・・
 そうですね。心からのイエスをいつも届けられればと思います・・・!

 
posted by aki at 19:58| Comment(2) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

新世界 〜ドヴォルザーク〜

 

 新しい世代、眼前に開けた新世界。この世界はきっと、凛とした
 輝きに彩られた素晴らしい景色を見せてくれるんだろうなって思
 ってた。誰だってそうだろう。新しいって言葉は、それが物でも
 環境でも何でも、僅かな不安と、それを遥か上回る得も言われぬ
 心の高揚感を感じるものだろう。ボクだってそうさ。
 家電と嫁は新しいほうが良いってよく言うしゴホゴホ!このバカ!


 ある日、今日もEveningなのにベッドでごろごろしていた父に呼ば
 れたボクは、引継ぎか・・・と察し、これから始まる新しい世界に
 その狭い心をドキドキさせてたんだ。ズッキンドッキンとね。


 父は、『ああ、背中がいたい。ゴロゴロするのも疲れるもんだ
     な。あははは!』


 全然ほんと心底笑えないしなぐりたくなる言葉を吐きながら身を
 おこした父は、ボクにペットの風車と財布と一枚の札を渡してこ
 ういった。


 父『これからはもう、お前達の時代だ。』


 貰った財布からでてきたのは、ほんの3200枚ばかりのポゥ。ボクは
 マウントポジションを取り拳を振り上げながら聞いた。

 
 アキ『今のが最後の言葉ってことでいいのかな?』

 父『待たんかこのバカ息子!物事の表面だけをみて判断してすぐ行
   行動しちゃうその思慮の浅さがお前の108ある欠点のうちの一
   つだ。渡したその札、良く見てみろ!』

 アキ『煤Iマレ国タムノン・・・貸し倉庫・・・!』

 父『俺の全てはお前のポケットにはでかすぎらぁ。そこに全ておい
   てきたさ。』
 
 
 ボクはタムに向かって駆けた。正直タムにいくとか面倒だなぁと
 思って引継いでタムに行くまでリア何日かかかったけど、駆けた。

  
 貸倉庫の前まで来たとき、なんだか目頭が熱くなった。
 駄目だ駄目だと思ってた父だけど、ボクのためにポケットに入らな
 い程に引継ぎ資材を貯めといてくれるなんてね・・・へへ。やっぱ父
 さんにはかなわないなぁ。ボクの迎えた新世界は、やっぱり輝きに
 みちた素晴らしいものだっ


 かりもの.jpeg

 倉庫に預けられていたものは多大なる儚さと借金。

 なぁ新世界。その輝きも彩りも、ボクの目には何も映らないのは
 おまえの放つ光が眩しすぎたのかな。

 -----------------------------------------------------------

という事で11代目です。せっせと3日連続で更新したのにまだ
 追いつきません。たまにしか更新しない上話の進むのも遅いな
 んて・・・。おまけに性格までのんびりになっちゃってそれはちょ
 っとおもしろかった。

 ええと11代目ものんびりがんばります。
 
posted by aki at 22:05| Comment(6) | 11代目 アキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。